【サッカー人気4位】WEリーグのスタジアムにプロリーグらし…

大宮花伝

小島幹敏/流れる“オレンジの血”。ジュニアからエンブレムを背負い、「勝たせる動きを」【愛媛戦/コメント】

 

攻守において抜群の存在感を発揮している小島幹敏。非凡なパスセンスに加え、体を張ったプレーも目立ち、2連勝の立役者の一人と言っていいだろう。巻き返しへは大宮のジュニアからアカデミーで育ち、“オレンジの血”が流れる背番号26の活躍が欠かせない。小島が愛媛戦に向けてメディアの合同インタビューに答えた。

 

もっと上へ 守備を意識

Q.2連勝について。
「監督のやりたいサッカーというか、戦術がハマったのかなっていう感じです」

Q.その前の試合と比べて何がハマっていたのでしょうか。
「松本戦は決定力が出てきた。4点が入って、それが自信につながったというか、やれるぞとなって、東京V戦も複数得点につながったのかな。個人的には

(残り 3365文字/全文: 3678文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ