本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

フットボールフィリピン

W杯アジア2次予選|フィリピンは敵地グアムに乗り込み4得点快勝、代表戦は11試合ぶり勝利

photo via pilipinas futbol

10日、W杯アジア2次予選グループリーグA組の試合が行なわれ、ポット5のグアム(FIFAランク190位)とポット3のフィリピン(同126位)がグアムFAフィールド(ナショナルトレーニングセンター)で対戦した。

5日のシリア(同87位)戦を落としたフィリピンは、アンヘル・ギラード(チョンブリー)を1トップに、パトリック・ライヒェルト(ムラカ・ユナイテッド)とマーク・ハートマン(ナコンラチャシマー)を2シャドー気味に据えた「3-4-3」の攻撃布陣を選択。グループリーグA組の中で最もFIFAランクが低いグアムを相手に、敵地での大量得点を目論みこの試合に臨んだ。

(残り 1290文字/全文: 1662文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック