大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

デジタルピヴォ! プラス

バルセロナ、セゴビア、インテル、エルポソが準決勝進出(スペインリーグプレーオフ準々決勝ハイライト)(2013/7/3)

Foto2013062901

バルセロナのウィルデの突破をリベラ ナバーラのロロが体を張って阻止した。リベラ ナバーラは激しいディフェンスでプレーオフ準々決勝でバルセロナを苦しめた。

 

 

スペインリーグプレーオフ準々決勝を終えて、準決勝進出する4チームが決まった。準決勝に進出したのはバルセロナ、エルポソ、インテル、セゴビアだ。レギュラーシーズン上位4チームがそのままベスト4の顔ぶれとなった。

 

3試合のうち2勝したチームが勝ち抜く準々決勝。

 

リーグを連覇しているバルセロナは準々決勝でリベラ ナバーラと対戦し、2連勝で勝ち抜けた。とはいえ、リベラ ナバーラは両試合ともバルセロナをギリギリまで追いつめた。ホームで行われた1節では互いにゴールを奪い合ったシーソーゲームとなった。3-3の同点だったが、リベラ ナバーラがバルセロナよりも決定機は多かった。しかし、最後のひと押しをすることができず、PK戦の末、敗れた。2節もアウェーでバルセロナの猛攻を受けながらも何とか耐え忍び、決着はPK戦までもつれ込んだが、敗れてしまった。1節、2節ともバルセロナはPK戦の途中にゴレイロを交代させる策が成功。交代したゴレイロがPKをセーブし、連勝した。

 

レギュラーシーズン4位のセゴビアは5位のサラゴサと対戦。サラゴサのホームで行われた1節は先制点を許すなどセゴビアにとっては苦しい展開だったが、ボルハ ディアスがハットトリックを達成するなど逆転勝利した。順位はひとつしか違わないが、セゴビアが実力差を見せつけた。セゴビアのホームで行われた2節は一方的なスコアとなった。若いセゴビアにいる個々のタレントを示すゲームだった。

 

セゴビアは準決勝でバルセロナと対戦する。

(残り 1194文字/全文: 1927文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック