本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

デジタルピヴォ! プラス

浜松・保田健二朗監督が語る外国人選手獲得の意図とチームの変革について[Fリーグ第12節](2017/9/1)

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第12節
バルドラール浦安 3-3 アグレミーナ浜松
2017年8月26日(土) 浦安市総合体育館 観客数:964人
[得点経過]
1-0 03分32秒 浦安 20 野村啓介
1-1 12分18秒 浜松 10 フィネオ アラウージョ
2-1 20分49秒 浦安 9 星翔太
2-2 33分18秒 浜松 22 野嶋倫
2-3 33分27秒 浜松 10 フィネオ アラウージョ
3-3 37分14秒 浦安 9 星翔太

 

第12節の記者会見後、アグレミーナ浜松・保田健二朗監督に外国人獲得の意図やチームへの影響・効果、それから、例年から比べて結果の出た第1クールについて詳細に振り返ってもらった。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下はアグレミーナ浜松の保田健二朗監督の個別インタビューとなる。

Pivo!:もともと浜松は技術はあるといわれ続けてきました。しかし、結果が伴いませんでした。監督・チームはFリーグというカテゴリーの中でもちろん結果を出さないといけないところがある中、第1クール、結果が出てきて、楽しさも感じながら充実していますか?

保田:(笑顔で)はい。充実しています。今日のフィネオ(アラウージョ)のヒールリフトもそうですけど、日本のトップリーグの中で勝ちが必須で勝つことが求められて、お客さんがお金を払って観にきているという中で、今日のようなプレー、“魅せれる”選手はすごく好きですのでドンドンやってほしいなと思います。また、得点にこそならなかったですが、マティ(前鈍内 マティアス エルナン)のキーパーの上を越すループも入らなかったらダメということではなくてああいったチャレンジはドンドンやってもらいたいなと思います。

Pivo!:浜松は第1クール終了時点で1けた順位。初めてのことですね。

保田:一昨年やったことを去年初めてつなぐことができて、去年と一昨年やったことを今年つなげることができました。通しで僕は3年目となりますが、そういった意味では段階を踏めているかなと思っています。

Pivo!:昨シーズンは山元選手や山蔦選手(現バサジィ大分)中心にチームの変化を感じましたが、それでもプレーオフを狙えるところまではいかなかったと思います。

保田:個性豊かなメンバーの中、モチベーションを高めること、保つことが難しかったり、逆にときに単純なときもあったりする中、このFリーグというカテゴリーで勝ち負けを決めるのは戦略やチームスキルが必要になってきますが、今年の選手はストロングポイントをしっかり持っている選手が多く、そこがかみ合ってきているのかなと思います。

Pivo!:補強はしていますが、まったくチームが変わったわけではなく、チームの核の選手は残っています。勝ちにこだわった中での補強をした中、名古屋オーシャンズを経験している中村選手・マティアス選手に関してはプレー以外でもチームに与える影響は大きいですか?

保田:大きいです。マティアスに関してもちょっとジョンと似ている部分があり、ボールがおさまりますし、シュートもある。やはりメンタル的に強いです。(中村)友亮に関してもあれだけ攻守にわたって泥臭く走れるのは大きな個性です。

Pivo!:名古屋にいたことによる勝者のメンタリティーというものがありますか?

保田:勝たないといけない。負けてはいけないという気持ちが強いですね。勝つためにどういうプレーをするか。自分の役割をチームの中で発揮できる2人です。チームに合わせるというよりも自分のプレーはこうなんだ。勝つためにはこういうプレーをするしかないというのを理解している2人です。

以下は新外国人について

 

 

 

 

(残り 1790文字/全文: 3307文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック