デジタルピヴォ! プラス

FUTURO ♯5 上村信之介 フットサルを語る④(2018/6/12)

 

SuperSports XEBIO 東京都フットサルリーグ2018 1部 第3節
CAMISA 5-3 FUTURO
2018年5月5日(土) 武蔵村山市総合体育館
[得点経過]
1-0 5分 CAMISA 18 平裕樹
2-0 5分 CAMISA 22 勝俣真一
2-1 13分 FUTURO 25 小野寺良輔
3-1 14分 CAMISA 20 小澤公人
3-2 23分 FUTURO 6 渡辺淳一
3-3 28分 FUTURO 25 小野寺良輔
4-3 30分 CAMISA 19 篠恵太
5-3 35分 CAMISA 25 今井真平

 

 

背番号11でプレーする理由

今季、FUTUROのリーダー、上村信之介は長い間着けてきた背番号5ではなく11で登録している。その理由も含めて、第3節終了時にいくつかの質問を投げかけたが、その回答が届いたのでお届けしよう。

写真◆デジタルピヴォ! なか、山下
まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

Pivo! 信之介くん、キミは今季、チーム創設以来ともに戦ってきた中野光彦選手(昨シーズンで引退)がつけていた♯11でプレーしているが、その理由は?
(ちなみに当サイトはこの記事のタイトルを引き続き、「FUTURO ♯5 上村信之介」で通していきます)

上村 そうですね。

中野さんとはチーム結成から一緒に力を合わせて戦って来ました。

正直、チームポジションとして中野さんが選手兼代表者でなければFUTUROがここまで存続して来れなかったと思っています。

ただ、昨シーズンでチームを離れたことで代表者が何をしてくれていたかを知り、その大変さを

分からずにいた自分が本当に恥ずかしいですね…

それを十数年やり続けてもらっていたことに感謝という気持ちを自分なりに何か表現できないかと思ったときに中野さんが長くつけて来た背番号11をつけて今シーズンプレーしようと思ったのが理由です。

あと中野さんが引退したかは直接聞いていないので分かりません。

(残り 1532文字/全文: 2321文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ