デジタルピヴォ! プラス

深江晃好がボールを持った時。縦と横のベクトルを持つヴィンセドール白山(2018/10/9)

2018年9月9日、長野
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

ヴィンセドール白山・深江晃好は、チラリと横を見てニヤリとする。そこには、ボアルース長野の土橋宏由樹GMがいた。

「全く変わっていない、センス抜群でしたよ、当時から足元の技術が。テンポよくワンツーで抜けていって、やりやすかった」。

と土橋GMの言葉に、深江は「細かくつなぐのが楽しかった」と返す。この2人、実は元チームメイト。深江は「21歳か22歳の頃」である2006年、松本山雅FCでプレー。土橋GMと共に、サッカー選手として北信越リーグを戦っていた。そこから時を経た、2018年9月9日、ボアルース長野のホーム・ホワイトリングで、フットサルの現場での再会であった。

『細かくつなぐのが楽しい』。それは白山でも同じ。『テンポよくワンツーで抜ける』ことも同じ。

「基本的にクアトロで」。

かつての先輩が去った後、深江はピッチに描く横のベクトルについての話題に戻った。

(残り 753文字/全文: 1158文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ