デジタルピヴォ! プラス

[F2第9節]鮮やかなデビューゴールを決めたルーチャイたくみ! 「アメリカで決定力を磨いてきた」(2018/11/4)

ドリブルで運び自らゴールを決めた横山。アメリカ仕込みの決定力が光った。

 

このゴールを振り返ると、前半12分カウンターを仕掛ける神戸は♯19森から♯10藤川へ反撃のパス。写真では見にくいがこのとき♯36横山がこのパスを追っている。

 

これがパスミスとなり横山が奪ってカウンターを仕掛ける。速い!

 

横山は追走するディフェンスの進路をふさぎながらゴレイロ♯1川崎との1対1を迎える。もちろんこのときゴレイロの動きを見切っていた。

 

そしてトップの写真にあるとおりゴレイロの右肩口を射抜いた。文字どおりお手上げの川崎。

 

右手でガッツポーズをつくりサポーター席へまっしぐら! 鮮やかなデビューゴールだ。

 

トルエーラ柏に2連敗となったデウソン神戸。

 

横山の入団、麻賀のケガからの復帰とチームの層が一段と厚くなったトルエーラ柏。

 

Fリーグ2018/2019 ディビジョン2  第9節
トルエーラ柏 5-3 デウソン神戸 
2018年10月20日(土) 柏市中央体育館 観客数:402人
[得点経過]
1-0 00分37秒 トルエーラ柏 9 田中惇史
2-0 12分36秒 トルエーラ柏 36 横山巧  
2-1 16分09秒 デウソン神戸 19 森脩 ※第2PK
3-1 21分03秒 トルエーラ柏 9 田中惇史
3-2 24分38秒 デウソン神戸 19 森脩
4-2 29分33秒 トルエーラ柏 22 麻賀郁 
5-2 32分29秒 トルエーラ柏 10 宗像郷
5-3 34分33秒 デウソン神戸 5 柿本輝

F2デビュー戦で鮮やかなゴール!

ロンドリーナ時代にその風貌からタイ人のようなニックネームが付いたルーチャイこと横山巧。昨季ロンドリーナで関東リーグ制覇に貢献すると、今季はアメリカのプロフットサルリーグで活躍し1か月前に帰国して選んだ落ち着き先が、トルエーラ柏。第9節デウソン戦でデビューすると前半12分、ドリブルからの鮮やかなゴールを決めて見せた。頼もしい新戦力の登場だが本人の目指すところはさらに上だという。次節横浜戦(11/4)への意気込みも含めて自信のほどを聞いた。
http://www.fleague.jp/score2/teamrank.html

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

アメリカの厳しい環境でレベルアップ

(残り 1780文字/全文: 2729文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ