サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

デジタルピヴォ! プラス

[東京都1部第10節]リーグ終盤戦、1試合、1試合トーナメントという気持ちで挑む(NEO・小坂雅和)(2018/12/2)

東京都リーグを駆け足で上がってきたNEOは、昨シーズンより東京都1部リーグに所属している。
1部に上がって早々に運悪く、前年度2位だったフウガドールすみだバッファローズ(以下、バッファローズ)と対戦。

ちなみにこのときのバッファローズには、以下のような選手が名を連ねていた。
フウガドールすみだ(F1):清水誠也、丹羽脩人、中田秀人、岸将太、春木啓佑
バサジィ大分(F1):坂本宏喜
Fリーグ選抜(F1):三笠貴史
ボアルース長野(F2):阿部修兵
リガーレ東京(関東1部):清水竣生
コロナFC権田(関東1部):山村和士

開幕戦でこのタレントぞろいのチームに引き分けて勝ち点1を得ていた。
1部初年度から6勝3敗2分けと、3位という好成績を残した。
第10節終了時点で2位につけていた。
この位置からしても、今シーズンは、是非とも優勝を収めたいところであろう。

10月27日の第10節、この日の対戦相手は昨シーズン負けを喫した美少年倶楽部との対戦であった。
優勝へ向けて、なおさら負けられない試合である。

#23 尾山大海のゴール後のハイタッチの際、カメラを指しキメのポーズを取らせる小坂監督。

 

Pivo! 前半5得点と非常にいい流れでした。

小坂 この試合の対策として、引いてカウンターを狙うといった形だったので、無理に攻めるのではなく、相手の攻撃力があったので、それをしっかり受けて、カウンターという状態でセットプレーとかいいタイミングで点数を重ねることができたので、前半楽な戦い方ができたかなと思います。

Pivo! 前半はかなりいい流れだったんですけど、後半ガラッと変わってしまって、なかなか前に運べないという非常に苦しい展開でしたね。

小坂 相手もハーフタイムでしっかり対策をとってきていて、前半とは同じような展開にはならなかったので、そこは前半と後半は別の試合という考えがあったんで、相手もしっかり修正してきたんだなというのがわかりました。

Pivo! 1失点してしまったというのは非常に残念なんですけども、チームとしてよくしのぎきったっていう印象がありました。

小坂 はい、ゴレイロ中心ですごく守備が集中していて、やっぱりこの試合守備的な展開になるっていうのがあったんで、ひとりひとりが集中できていたかなと思います。

 

Pivo! 今まで2分けで無敗、次節2位3位対決の情熱と、1位のバッファローズと、非常に厳しい試合が続くと思うのですが。

小坂 リーグ戦終盤に向けて、やっぱり直接対決っていうのがあるんで、1試合、1試合トーナメントというような気持ちをもって挑みます。

Pivo! 試合とは関係ないんですけど、前から気になっていたNEOのWebサイト上の結果で失点者という記載があるんですけども、なかなか他のチームのサイトではそういう書き方はないと思うんですけど、意図するものは何ですか?

小坂 ゴレイロがどのタイミングで、どういう失点しているかって、得点よりか失点ていうのもすごく大事な部分なんで、失点することによってどういうタイミングで失点したとか、練習のときも動画録ったり、紅白戦でも失点を気にしたりとかしているんですけど、集中力高めるためにやっています。

 

まとめ◆デジタルピヴォ! なか

(残り 1922文字/全文: 3325文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題