『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

デジタルピヴォ! プラス

あの豪雨から半年。岡山出身、広島エフ・ドゥ在籍、川田尚幸の今(2019/1/11)

2018年11月17日、横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

あの日、川田尚幸は広島との県境、岡山県・井原市にいた。

「地元の井原で子供のフットサルスクールをやっているんですよ。あの日は雨が降っていたんですけど普通に19時から21時までやって、終わった頃に井原に特別警報が出たんです」。

子供たちを見送り、実家の井原で自宅待機をする川田。その井原の隣には矢掛があり、その隣には真備がある。その真備では小田川の堤防は決壊、町を濁流が襲っていた。

そして、川田が在籍する広島エフ・ドゥのホームは安佐北区。町は「土砂崩れがしていて、電車も止まって」いた。

それから1週間後、広島エフ・ドゥはF2第2節を迎える。F2最初のホームゲームである。通行禁止だった高速道路は、試合当日の朝に開通。川田は車を走らせながら、様々なことを考えていた。

(残り 925文字/全文: 1284文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック