『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

デジタルピヴォ! プラス

[関東女子参入戦]4年目のチャンス、やることは変らない(DREAM futsal park/ポルコ・須崎充樹監督)(2019/2/8)

 

かつてはステラミーゴいわて花巻、デルミリオーレクラウド群馬に在籍し、最近ではDREAM futsal park(今季創設)の監督兼選手をするかたわら、群馬県の女子チームのDREAM futsal park/ポルコ(昨季デルミリオーレクラウド群馬ポルコから改称:以下、ポルコ)の監督としても采配を振るい続けている。
須崎自身、前日は東京都のオープンリーグのプレーオフに出場し、その翌日はポルコの参入戦のために群馬県渋川へと移動していた。
参入戦は見事2勝し、入替戦へと駒を進めたポルコ。
来季、関東女子でプレーするための挑戦権を獲得した。
女子チームの監督としての須崎充樹に今までと、これからについてインタビューを行った。

 

1回戦は入替戦過去4年間で初めての勝利。

 

Pivo! 入替戦進出おめでとうございます。

須崎 ありがとうございます。

Pivo! 楽しみですね。

須崎 はい、ここを目標にずっとやって来たんで。

Pivo! 去年は1回戦で負けてしまったんですよね。今年は2回戦突破ですね。

須崎 そうですね、初めて1回戦勝ったんで。1、2回戦勝ったのは初です。

 

もともとはエンジョイチームだったポルコは次第に競技チームとなり今に至る。

 

Pivo! そうなんですか? 参入戦へ来たのは何回目ですか?

須崎 参入戦は4回目ですかね。うん、4度目。

Pivo! 4度目で勝ったのは初めてですか。あと1つですね。

須崎 そうですね、ようやくです、うん。

Pivo! 今日2試合みてきて、選手が結構ピッチの端から、端まで、走り負けないっていう。

須崎 そうですね、まぁ、それをわかって・・・もう4回もやっているんで、何が大事かわかっているんで、うん。やっぱり、そのー、1日2試合を想定して、2試合であったり、PKであったりっていうのを想定しながら、年間を通じてやってきて、やっと仕上がったかなっていう。

 

成長株のキャプテン#13 木元智美。

 

まとめ◆デジタルピヴォ! なか

(残り 2508文字/全文: 3548文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック