【サッカーパック人気5位】 「テル(仲川輝人)が決めてくれたのは助かったし、大きな先制点だった」(…

デジタルピヴォ! プラス

20m×40mのピッチでやるのは初めてだったんで、つらかったです。(FUTURO ♯2 青木雄介)[東京都1部]

2019年4月6日 駒沢体育館

(PHOTO,TEXT・山下浩正)

チーム3点目をたたき込みNEOを追い込んだ♯2青木。

 

SuperSports XEBIO 東京都フットサル1部リーグ2019 第1節
NEO 5-3 FUTURO
2019年4月6日(土) 駒沢体育館
[得点経過]
1-0 1分 NEO 5 元林正輝
2-0 6分 NEO 10 田口雄大 
3-0 7分 NEO 22 小貫竜一
4-0 25分 NEO 11 小坂雅和 
4-1 27分 FUTURO 8 荻原佳孝
4-2 28分 FUTURO 21 井口友博 
4-3 32分 FUTURO 2 青木雄介
5-3 36分 NEO 5 元林正輝

 

FUTUROは昨シーズン、2部落ちの危機を乗り越えたものの、14人中9人が退団。リーダーの上村信之介は人集めに奔走し、2人の復帰組と4人の新入団選手を得て11人で開幕戦に臨んだ。その“新顔”の何人かを紹介していこう。トップバッターはこれまでフットサルはシニアとして小さなピッチでやっていただけにもかかわらず、初の公式戦でデビューゴールを決めた♯2青木雄介選手だ。広いピッチでつらかったといいつつも、デビューゴールを決めるあたり“持ってる”ことは間違いない。

 

公式戦デビューゴールは気持ちいいですね。最高です(笑)

(残り 869文字/全文: 1395文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック