Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

デジタルピヴォ! プラス

特に家族、奥さんにはかなり支えてもらってフットサルできているところがある(F.C.NORTE・#19 島林優一)[東京都1部]

2019年4月6日  駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

(PHOTO、TEXT・なか)

 

NORTEの19番は怖いと、イメージを植え付けたいと語る、島林選手は、家族思いの2児の父。
私生活と競技。
相反するイメージを自身に内包できるか。
今季よりチームの方針を踏まえ、より、アグレッシブにゴールを目指すことが求められる。
その現れが開幕戦の先制弾なのか。
練習での取り組みの成果を、次節以降のプレーに注目をしていきたい。

 

F.C.NORTE。

 

CAMISA。

第1節 第3試合 CAMISA 1-3 F.C.NORTE
[得点経過]
 0-1 12分 NORTE #19 島林優一
 0-2 14分 NORTE #20 藪大介
 1-2 16分 CAMISA #29 大賀玄己
 1-3 18分 NORTE #6三戸康大

 

 

Pivo! 大事な開幕戦での勝利おめでとうございます。

島林 ありがとうございます。

Pivo! 開幕戦で先制弾、今シーズンのチームで最初の得点が獲れたということに対して、気分はどうですか?

島林 やっぱり自分のゴールでうれしいということもありますし、今季チーム目標3位以内って掲げているんですけども、そこに向けて勢いつけるゴールになったかなと思うので。

Pivo! シュートシーンも多くて、ゴールのチャンスも結構ありましたよね。

島林 はい、そうですね(笑)。なかなか、あのー、先制点以外は枠に行かないのが多くて、その部分はやっぱ反省の部分が多いかなと思っています。

Pivo! 普段は結構枠に収められる?

島林 それ以前にどちらかというと、結構・・・何ていうんですかね、あんぱいに行ってしまうシーンが多くて、あまり去年とかもシュートの本数っていうと、結構少ないのが個人として、あるいはチームとしての反省だったので、今年はシュートも増やしていこうっていうのが、チームとしての方針なので、そこにのっとって自分も結構思い切りよく、今日はシュートを狙えたかなっていうふうに思っています。

 

相手選手に阻まれながらも、先制点を決める。

 

(残り 1946文字/全文: 3010文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック