久保憲司のロック・エンサイクロペディア

The Beatles『ジ・エンド』 …シンセサイザーを一番最初にカッコよく使ったのはビートルズ、そのビートルズ最後の瞬間をあなたは知ってますか?

 

すいません、またビートルズのことを書いてしまいます。なので今回は2本立てでいきます。シンセサイザーを一番最初にカッコよく使ったのはビートルズだ! そしてビートルズ最後の瞬間をあなたは知ってますか? です。

“ロック、本当はこんなこと歌ってるんですよ ”で「悲しみはぶっとばせ」を一番最初のゲイ・ソングというか、ゲイの人がストレートの人に恋をして、でもやっぱりその恋は報われないというゲイの悲しさを一番最初に歌ったかもと書きました。

ビートルズはなんでも一番最初にやっているんです。そして、ビートルズは一番最初にシンセサイザーを使いこなしたアーティストでもあります。

本当にビートルズはなんでも一番なんです。メロトロンという、今でいうサンプリングの元祖みたいな楽器を一番良い音で使っているのもビートルズなのです。

 

 

メロトロンで一番有名な音色といえばこのビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」、メロトロンという楽器はテープで録音された楽器の音色を鍵盤で鳴らすというもので、ビートルズはメロトロンのフルートをオルガンのように弾いているのです。メロトロンを作った人はもっとフルートのようにピララララーって弾いてもらいたかったと思うんですが。でもすごい聴いたことない音で幻想的な感じになってますよね。まさにプログレ。

メロトロンで一番衝撃なのは「ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル」の出だしのスパニッシュ・ギターです。これメロトロンの音源なんですが、これを作った人も何を考えていたんでしょうね。こんなのこれしか使えないと思うんですが。というか誰も使わないと思うのですが、ビートルズがイントロで使うんです。これ一番最初のブレイク・ビーツでもあるんですよね。ビートルズ恐るべしです。

そんな彼らにも終わりが来ます。その最後の場面がどんなだったかみなさんはご存知ですか?

 

 

続きを読む

(残り 1756文字/全文: 2619文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ