大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

RYUKYU SOCCER PRESS

【試合後コメント】河合秀人『(後輩の活躍に)自分も負けてられないと思っていた』 京都vs.琉球(明治安田J2第18節)

<明治安田生命J2リーグ第18節>◇6月15日◇西京極陸上競技場/4,533人/雨のち曇、弱風/気温20.9℃/湿度86%/全面良芝、水含み

 

FC琉球 2-2 京都サンガF.C.

【得点者】
36分 小屋松 知哉(京都)
45分+3 鈴木 孝司(琉球)
65分 一美 和成(京都)
80分 河合 秀人(琉球)

 

--京都サンガF.C.戦を終えて…

後半途中から入りましたが、前半から流れはそんなに良くなかったので、自分が入って攻撃のところでアクセントをつけるという部分を意識してプレーしました。今までずっとやっていたことを試合で出せれば絶対に結果がついてくると思っていたので、それを体現できて良かったです。

 

--高校時代に慣れ親しんだ西京極で今季初ゴールを決めました…

西京極だったからだとか(大阪出身で)関西だったからという意識は正直思ってはいなかったんですが、やっぱり(京都橘の)後輩の刺激は結構受けていて、5月に(仙頭 啓矢が)月間MVPを取っていたりというのもあったので自分も負けてられないなと思っていましたし、今日も先制ゴールを(小屋松)知哉に決められましたが、自分が出て結果残してやろうという強い気持ちを持っていました。それが勝利につながれば良かったんですが、アウェイで勝点1を持って帰れることをポジティブに捉えたいなと思います。

 

--富所悠選手とのワンツーから中に入り込みシュートを放つシーンは河合選手らしさが詰まったゴールでした…

(残り 325文字/全文: 951文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック