【サッカー人気2位】整理される前に勝っておきたい相手 AC…

RYUKYU SOCCER PRESS

【インタビュー】樋口靖洋監督「戦う姿勢は示せたが、もっとボールを握りたい」

 

アビスパ福岡との一戦を終え、来たるギラヴァンツ北九州戦に向けて動きだしたFC琉球は6月30日、非公開で練習を実施した。通常通りであれば、試合に出場した選手たちは軽めのトレーニングでコンディション調整を行ったと思われる。その日の練習終了後、樋口靖洋監督がリモート取材に応じ、福岡戦を終えて得た手応えと課題について伺った。

 

 

――J2リーグが約4ヶ月ぶりに再開し、無事に第2節・福岡戦が終わりました。

率直な感想としては、緊張感を覚える試合があるというのは本当にすごく刺激的で、良い時間だなと再確認しました。疲れよりも充実感のほうが大きかったです。

 

――気持ち的にはワクワク感でいっぱいだったんですね。

これからの連戦は覚悟していますが残り40試合、楽しんでいくぞという思いが強いです。

 

(残り 2520文字/全文: 2886文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック