【サッカー人気5位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

RYUKYU SOCCER PRESS

【vs.松本山雅FC】終了後、田中恵太選手会見コメント全文(明治安田生命J2リーグ 第21節) #fcryukyu

 

<2020 明治安田生命J2リーグ第21節> ◇9月23日◇サンプロ アルウィン / 3,270人 ※新型コロナウイルス感染予防対策のため、制限付き(入場可能数の「50%以下」又は入場可能数が「17,000人以上のスタジアムは30%以下」)での試合開催 / 曇、弱風、気温 20.7℃、湿度 59% / 全面良芝

 

松本山雅FC 1-6 FC琉球

18分 風間 宏矢(琉球)
33分 阿部 拓馬(琉球)
41分 風間 宏矢(琉球)
56分 小泉 佳穂(琉球)
67分 上原 慎也(琉球)
71分 セルジーニョ(松本)
80分 田中 恵太(琉球)

 

 

【田中恵太選手 会見】

――奪ったボールをつないで流れるような動きを見せた上での6ゴール。90分を通して攻撃に厚みがありました。

切り替えとセカンドボールの奪取が良かったと僕はかなり思っています。攻撃のスピード感がでたのも二列目の選手が早く切り替えてセカンドボールに反応し、相手の二列目の背中のところでボールを処理できていたので、もちろん点が入って攻撃のバリエーションが良かったというのもありますが、特に前半は切り替えの部分でかなり良かったし早かったなと思います。

 

――守備面では、同サイドのセルジーニョ選手とのマッチアップや、阪野豊史選手を抑えきるなど、1失点はしたもののDFラインを中心とした守備も最後まで光りました。

(残り 687文字/全文: 1262文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック