【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

RYUKYU SOCCER PRESS

2021.8.28 明治安田J2 第27節:ブラウブリッツ秋田戦後、福井諒司選手記者会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第27節/2021年8月28日18:53キックオフ/タピック県総ひやごんスタジアム/入場者数 0人(※新型コロナウイルス感染予防対策のため、無観客での試合開催) / 晴、弱風、気温 29.5℃、湿度 61%/全面良芝】

 

琉球 2-1 秋田

得点者:
62分 井上 直輝(秋田)
77分 阿部 拓馬(琉球)
83分 福井 諒司(琉球)

 

 

第27節・秋田戦後、福井諒司選手 質疑応答

 

――80分から途中出場した秋田戦を振り返り。

試合に勝てたということがとても嬉しく思います。そんな中、ゴールまで決めちゃってみたいな感じはありますけど、きょうの試合に関しては(前回)アウェイで秋田とやったときは(1-1で)悔しい引き分けに終わりましたし、ぶつかり合うというバトルも多くなることは分かっていましたので、チーム全体として、なんとしても勝点3を取って昇格につなげようという気持ちが最後ああいう(自身のミドルシュートによる)形で点になってくれたのかなと思います。

 

――ブロックを敷いて自陣を守る秋田に対して遠目からでもシュートを打とうという気持ちは自然と芽生えていたかもしれませんが、実際に打とうと決断に至った流れについて教えて下さい。

(残り 938文字/全文: 1479文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ