【サッカー人気4位】“霜田体制”が本格スタート。初陣の相手…

仙蹴塵記

明治安田生命J1リーグ第20節・川崎F戦。選ばれたメンバーは守勢になっても相手の隙を突けるか

たとえ内容面で手応えを得る時間が長くなったとしても、やはり結果を手にしてこそ自信は確かなものとなる。ベガルタ仙台はひと頃のどん底からは脱しているが、それでもこの明治安田生命J1リーグ戦で手にした勝利はまだ一度のみ。前節・浦和戦では、前半こそ相手を組織的守備で苦しめてチャンスを作ったが、決められないうちに修正されて敗戦した。

(残り 1274文字/全文: 1436文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ