【サッカー人気3位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

仙蹴塵記

【練習場から】吉野恭平、出場停止からの復帰で勝利を目指す

日本代表のW杯アジア最終予選による明治安田生命J1リーグ戦中断期間で、ベガルタ仙台は次節の大分戦に向け必勝の構えで準備を進める。大一番を前に緊張感が高まる中、オフ明けの13日はフィジカルトレーニングに加えてグループ単位での戦術練習も組まれた。そのなかでは一人あたりのカバーする範囲が広く、負担が大きい4対4も実施。選手たちはその状況下でも、連動した攻守の原理・原則を徹底しなければならない。プレッシャーの強まる本番でも力を発揮できるように、準備は続く。

(残り 842文字/全文: 1068文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ