【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田生命J2第16節・金沢戦。一週間の準備で安定感はどれくらい増したか

ベガルタ仙台は、久しぶりに一週間の準備期間を得られて試合を迎えられる。

明治安田生命J2第11節・琉球戦からの試合間隔が短い5連戦では、3戦がアウェイであり2戦が直行便のない遠距離での移動を伴う試合だった。終盤になるとミスが増えたり大観衆のアウェイで相手の勢いが大きく勝ったりという状況で、仙台にとって苦しい試合が続いた。第15節・東京V戦での完敗は象徴的。しかしその次の長崎戦で踏ん張って、2-0の勝利を手にすることができた。

(残り 1041文字/全文: 1254文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ