SIGMACLUBweb

【長崎戦にむけて】堅守だけではない長崎の強さ

 

今回、仕事で大失敗をやらかし、かなり落ち込んではいる。だが、それでも時間は待ってくれない。やらないといけない。

というわけで、長崎戦である。

7月27日、FC東京戦で彼らが1-0と勝利した事実。これを忘れてはいけない。しかも、内容で完全に現在2位のチームを上回っていた。ボール支配率こそ後手を踏んでいるが、どちらかといえば「持たせていた」。シュートの本数でも枠内シュート数でも上回り、攻撃の回数でも長崎が上。決定的なチャンスを彼らがしっかりと決めていれば、3-0というスコアもありえた。

この試合後の長谷川健太監督のコメントをご紹介しよう。


長崎が簡単な相手ではないことは十分準備していた。長崎はきっ抗した試合をしているし、勝点へのこだわりもある。徳永(悠平)選手のコメントを見ても、この試合に懸ける思いは伝わってきた。簡単な試合ではないと思っていた。


この言葉どおり、長崎は簡単な相手ではない。だが、それはおそらく、FC東京の選手たちもわかっていたはずで、しかしそれでも長崎の術中にはまってしまった。

(残り 1439文字/全文: 1891文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ