【サッカー人気3位】あらためて考えたい「読み書きそろばん」…

SIGMACLUBweb

【THIS IS FOOTBALL】完勝だったからこそ考える、競争こそ生命線という事実。

ここまで、うまく行き過ぎている。正直、怖さもある。

横浜FC戦、こうなったらいいなという展開そのものだ。遅攻でも速攻でも得点がとれ、切り替えの鋭い守備と前からのプレッシャーで結果を出した。ほとんどチャンスをつくらせないようにしつつも大迫敬介や荒木隼人が見せ場をつくり、川辺駿の強烈なタックルや青山敏弘のゴール前への飛び出しも見れた。浅野雄也がチャンスをつくり、藤井智也もデビューを果たせた。それでいて、しっかりと課題も明確になった。

こんなに理想的な闘いができると、かえって不安になる。

最大の不安要素は負傷リスクだ。

(残り 2320文字/全文: 2576文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック