【サッカー人気5位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

SIGMACLUBweb

【サンフレッチェ広島レジーナ全選手名鑑WEB版】木﨑あおい選手/オレクサンドル・ジンチェンコのように。

サイドバック/木﨑あおい選手 KIZAKI AOI No.5

1998年3月13日生まれ。身長161㎝/体重48kg。埼玉県出身。浦和レッズレディースの育成組織出身。2016年、松本真未子、遠藤優、塩越柚歩らと共にトップチーム昇格。2年目から左サイドバックにコンバートされ、以降はここが主戦場に。U-19日本女子代表(2017年)、U-20日本女子代表(2018年)を経験。2019年、ちふれASエルフェン埼玉(当時なでしこリーグ2部)に移籍。2020年は18試合出場2得点。

 

 

……木﨑選手は320日に行われたアンジュビオレ広島との練習試合(4-0)でチームとしての初ゴールを決めていますが、あれからチームの成長は?

木﨑●最初に比べたら、みんながそれぞれの特徴を知ったということもありますし、チームとしての積み上げができているなという実感があります。

……最も積み上げられた部分は?

木﨑●攻守の切替が早くなっているという感じです。

……417日に行われたINAC神戸との練習試合(1-5で敗戦)で、様々なことを学べたと聞きますが。

木﨑●あの試合は、私たちがやってきたことがまだまだ足りないということを、すごく実感できた試合。あのタイミングで(神戸との)試合ができたことは、私たちのチームにとってすごくプラスになったなと思います。

……プレシーズンマッチは全て先発でした。レジーナの場合、左サイドバックの木﨑選手の前にはウイングが配置されていて、いいドリブラーがこのチームにはいる。インサイドハーフを含めたトライアングルで、いい攻撃になっていますね。

木﨑●プレシーズンマッチでは通用する部分もありましたが、まだまだ連携が足りていないという部分は強く感じました。912日の開幕までにもっと積み上げて、サイドで崩して得点を狙いにいけるコンビネーションを増やしていけたらなと思っています。

……広島に来たいと思った理由は。

木﨑●新設のチームってところに魅力を感じました。サンフレッチェ広島は男子チームがJリーグで活躍しているクラブ。女子も同じように広島の方に認知していただいて、盛り上げていきたいなと感じました。個人としても、将来を見据えて自分がどこで成長できるかなということを、ずっと考えたんです。そして広島でさらに成長して、活躍したいなという想いが強かった。

……木﨑選手のプレーをみていると、新しい時代のサイドバックという感じがします。

(残り 1636文字/全文: 2649文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ