【サッカー人気2位】移籍と残留で揺れ動いた夏。 渡辺皓太…

SIGMACLUBweb

広島対横浜FM戦で起きた、危険すぎた瞬間。主審のコントロールをお願いしたい。

土肥航大の負傷交代がゲームを変えたのは、明白だ。プロ2年目の土肥が急速に力をつけ、ゲームの主役になれる可能性を醸し出してきたことが、逆説的に証明されたということで、それはそれで未来へと繋がる。

だが、その才能が、一つのラフプレーで潰されそうになった。

(残り 1436文字/全文: 1560文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ