SIGMACLUBweb

ミヒャエル・スキッベ監督の方法論/コンディションをどう考察するか

福岡戦後、ミヒャエル・スキッベ監督は円陣でこう語った。

「明日は休み。そして、9連戦後は3連休」

もちろん、選手たちは盛り上がった。だが同時に、選手たちは知っている。

オフ明けのトレーニングについてだ。

26日はオフ。そして、27日のトレーニングは約2時間近く行われた。しかも、練習内容がハード。3チームにわけてボールを回しながらもプレッシングを仕掛けていくメニューや、球際を激しく闘いなからのハーフコート・ミニゲーム。さらに「攻撃の時のセットプレーは課題だよ」と指揮官が語りかけた後、セットプレー組とミニゲーム組にわけてのトレーニングが続いた。

スキッベ監督は、選手たちを信じている。

(残り 2246文字/全文: 2534文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ