遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】J2‐7[H] V・ファーレン長崎戦のポイント(2016/04/10)

長崎の梶川諒太とは、関西学院大の先輩後輩にあたる井林章。

長崎の梶川諒太とは、関西学院大の先輩後輩にあたる井林章。

J2第7節、東京ヴェルディ(13位=勝点7/2勝3敗1分 得失点-1)は、V・ファーレン長崎(17位=勝点11/1勝2敗3分 得失点-4)とホームで対戦する。長崎のキーマンは、かつて東京Vに所属した梶川諒太だ。梶川を起点に、前線の永井龍へ、得意のサイド攻撃へと展開する。だが、心配ご無用。東京Vのコーチングスタッフや選手は同じ釜の飯を食った仲とあって、長所や弱点は把握しているに違いない。

■とにかく当たりを激しく

2012年、東京Vに加入した梶川(2011年も特別指定選手として3試合に出場している)と同期にあたるのが杉本竜士と南秀仁だ。

「いい人。めっちゃ巧いし、何より人柄がいい。弱点と言われても、身長くらいしか思いつかない。とにかく、いい人」(杉本)

やはり、そんなにいい人なんだ。見かけどおりでつまんないなあ。

「鬼太郎ですね。弱点は鬼太郎。あ、ゲゲゲのほうですよ」(南)

ご丁寧に「ゲゲゲ」を付けてくれなくても大丈夫です。誰が、シティボーイズのきたろう、ミュージシャンの喜多郎を思い浮かべるんだよ! さておき、南選手、言っていることの意味がよくわかりません。

(残り 1211文字/全文: 1782文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック