【サッカー人気3位】追い込む守備と引き込むビルドアップ 攻…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-42[A] FC岐阜戦『涙が引っ込んだ』(2016/11/21)

2016年11月20日(日)
J2第42節 FC岐阜 vs 東京ヴェルディ
14:04キックオフ 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
[入場者数]12,158人 [天候]曇、弱風、気温20.9℃、湿度71%

岐阜 4‐2 東京V
前半:2‐2
後半:2‐0
[得点]
0‐1 平智広(23分)
1‐1 レオミネイロ(28分)
1‐2 高木大輔(33分)
2‐2 風間宏矢(35分)
3‐2 難波宏明(52分)
4‐2 難波宏明(63分)

●東京Vスターティングメンバー
GK31 鈴木椋大
DF23 田村直也
DF3   井林章(60分 中後)
DF5   平智広
DF2   安西幸輝
MF30 高木純平
MF6   安在和樹
MF14 澤井直人(75分 二川)
MF10 高木善朗
FW18 高木大輔
FW17 ドウグラス・ヴィエイラ(69分 平本)
(ベンチメンバー:GK1柴崎貴広。DF24林昇吾。MF8中後雅喜、32二川孝広、45永井秀樹。FW7杉本竜士、25平本一樹)

監督 冨樫剛一

■おつかれさまでした

長良川競技場に着いたときから、僕はちょっとセンチメンタルな気分になっていたんだと思う。長丁場のリーグ戦も、とうとう最終節。東京ヴェルディは下位に低迷し、ぱっとしないシーズンだったが、楽しかったことは数え切れないほどあった。それにしても今年はよく書いたもんだ。東京Vの原稿は、この1年で軽く5年分は書いている。

競技場の入口で、荷物車を運転する伊藤春作さんと会った。クラブが契約を結ぶリース会社に勤め、つまり外注スタッフということになる。東京Vの試合があるごとに全国を駆け回る、ウルトラハードな仕事だ。アウェー遠征で、10時間超えの運転はざら。伊藤さんの仕事を知ると、移動中、本を読んだり寝て過ごせる僕は、しんどいとか言えなくなる。

せっかくSBGのようなWEBマガジンをやるのだから、チームを下支えする裏方の人たちのことも知ってもらいたいと折に触れて紹介してきたが、伊藤さんについてはまだだった。ラストを飾ってもらいましょう。

ドライバーの伊藤春作さん。今年もおつかれさまでした!

ドライバーの伊藤春作さん。今年もおつかれさまでした! 目つぶっちゃった写真でごめんなさい。

この試合に残留の懸かるFC岐阜との一戦、1万2000人を飲み込んだスタジアムは熱気ムンムンである。

(残り 2887文字/全文: 3857文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック