「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】J2‐4[A] 大分トリニータ戦のポイント(18.3.17)

今季初出場を虎視眈々と狙う若狭大志。

今季初出場を虎視眈々と狙う若狭大志。

J2第4節、7位の東京ヴェルディ(勝点7/2勝1分0敗 得失点+2)は、9位の大分トリニータ(勝点4/1勝1分1敗 得失点+1)と、14時から大分銀行ドームで対戦する。昨季はホームで1‐0、アウェーで2‐0と、ふたつの完封勝利を収めたが、それはリセットしたうえで敵地に乗り込みたい。

■伊佐耕平の身体能力はオバケ

「大銀ドームには、アウェーチームの立場でいったことがないんですよ。2016年はトリニータがJ3。2017年はメンバーに入れなかった。いきたかったんですけどね」

と語るのは若狭大志だ。2012年、東洋大から大分に加入した若狭は、4シーズンプレー。2016年、ジェフユナイテッド千葉に移籍している。

大分のJ3降格を機に離れることになり、「自分にとっては思い入れのあるクラブ。でも、出ていった時期が時期なので、印象はよくないと思います」と、やや苦い顔だ。すべての選手にとって、サッカー人生はたった一度。己の身体ひとつで世を渡る人は時に苦渋の決断を迫られ、万事円満に解決していくのは難しかろう。永遠不変の真理はただひとつ。船を漕ぐオールは自分の手で握り、ほかの誰にも委ねてはならぬということだ。

(残り 846文字/全文: 1427文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ