【サッカー人気5位】【コラム】対応はコンバートか、補強か?…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】検証ルポ『2019シーズン 緑の轍』第一章 監督業の孤独(19.12.15)

今季から東京ヴェルディの指揮官に就任したギャリー・ホワイト監督。7月17日、成績不振によりその職を追われた。

今季から東京ヴェルディの指揮官に就任したギャリー・ホワイト監督。7月17日、成績不振によりその職を追われた。

第一章 監督業の孤独

■You. Ask. Me.

いつ明けるとも知れない、鬱陶しい長梅雨が続いていた。

6月18日、午前。練習を終えた選手たち、スタッフ陣が続々とクラブハウスに引き上げてくる。ギャリー・ホワイト監督は軽い足取りで緩やかな坂道を下り、こっちに向かって歩いてきた。ひとりだった。

クラブハウスの玄関口、ホワイト監督が右手を差し出し、「おつかれさまです」と僕は握り返した。いつものことである。

手をほどいた僕は目線を外し、すれ違おうとした。だが、ホワイト監督はその場を立ち去ろうとしない。

「Interview tomorrow?」

毎週の囲み取材のことである。通常、試合の2日前に行っていた。

「No,no. Next tomorrow」

明後日は、Day after tomorrow だと気づいたが、まあ、通じてるみたいだし、どうでもいいかと思った。

ホワイト監督は僕をじっと見つめ、人差し指を立てる。「You. Ask. Me」と単語を区切りながら、噛んで含めるように言った。今季の始動から約5ヵ月、僕のつたない英語力は把握済みだ。

えっ、何を訊けって? 何度か短い言葉の応酬があった。

そこでのやり取りを要約すると、こうなる。

「もうすぐ夏の移籍ウインドーが開く。次の取材の場で、どんな選手がほしいのか、自分に尋ねてくれ。君のメディアはクラブの上の人間も読んでいる」

(残り 1867文字/全文: 2558文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック