宇都宮徹壱ウェブマガジン

ヘラルボニー、味スタでの天皇杯、そしてPSGジャパンツアー 7月18日(月・祝)〜24日(日)

7月18日(月・祝)晴れ@東京

 7時20分起床。36.3度。新しい1週間は自宅のある東京から。今日は「海の日」ということで、久々にカミさんとお出かけ。その前に今日のミッションをなるべく済ませておくことにしよう。朝食後、まずは先週の日記のまとめ、ハフコミウェビナーの告知を作成。安田秀一さんの原稿も最後のパートまで書き上げる。なんだ、やればできるじゃないか!

 11時30分にカミさんと出発。中央線で新宿まで出て、大江戸線で六本木に下車。こちらのお店でランチにつけ麺をいただいてから、まずはヘラルボニー4周年記念「The Colours!の会場に向かう。

 ヘラルボニーは、全国の知的障害のあるアーティストと契約を結び、彼らの作品の著作権管理、そしてファッションやインテリアへの展開と販売を行っている。会場では、商品の販売と作品の展示が行われていたが、むき出しの表現が生活に溶け込む商品に転換されるプロセスが可視化できて、非常に面白かった。カミさんはスカーフを購入。

 続いてAXIAに立ち寄って、展示作品とプロダクトを鑑賞。しばらく美しいものから遠ざかっていたので、とても満ち足りた時間を過ごすことができた。さらに陶器のお店に立ち寄ってから、バスで渋谷を経由して井の頭線で吉祥寺へ。無印良品で買い物をして、今日のお出かけは終了。17時に帰宅する。

 少し休憩を入れてから、安田さんのインタビューの残りの部分を完成させて、今日のノルマは終了。夕食は昨日のポッサムとトウモロコシご飯に、夏野菜チゲを加えて白ワインとともに。夕食後、新しい書籍のイントロ部分の執筆の続きをする。

 一年で一本でもいい、五年十年たっても忘れさせない、寒気のするような凄い台本を書くか、さもなかったら、身体を大事にして長期戦にそなえるかのどちらかであろう。/私は生れ月が射手座で(中略)ねばり気ゼロの人間だから、せいぜい胃袋を大切にして、この前代未聞の怪物との闘いに備えようと思っている。(向田邦子)

 今度の新しい書籍は、まさに「前代未聞の怪物との闘い」であり、完成したら「寒気のするような凄い」作品になると思う。今週も少しずつ、執筆を進めていくことにしよう。午前0時就寝。

「無敵の人」の無差別犯罪を防ぐために:京都アニメーション放火殺人事件から3年

 3年前の事件当日、川崎フロンターレ対チェルシーの試合を取材していたことを思い出しました。これだけの大事故だったので、試合前に黙祷してほしかったと今でも思っています。

(残り 5062文字/全文: 6093文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ