『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント】栃木SC J3第34節アスルクラロ沼津戦後の広瀬健太「正直にいえば、嬉しさと悔しさがある」古波津辰希「最後に自分が出てきて会場も盛り上がったと思う(笑)。自分の役目はそういうもの」牛之濱拓「早くJ2でやりたい」

2017明治安田生命J3リーグ第34節

2017年12月3日13時キックオフ 愛鷹広域公園多目的競技場
入場者数 8,649人
天候 晴れ、弱風
気温 14.1
湿度 41%
ピッチ 全面良芝、乾燥

アスルクラロ沼津 1-1 栃木SC
(前半1-0、後半0-1)
得点者:7分 薗田卓馬(沼津)、77分 ネイツ・ペチュニク(栃木)

<スターティングメンバー>
GK 15 ジョニー レオーニ
DF 26 夛田 凌輔
DF 4 広瀬 健太
DF 22 メンデス
DF 7 菅 和範
MF 21 牛之濵 拓
MF 11 岡﨑 建哉
MF 24 和田 達也
MF 8 廣瀬 浩二
FW 25 ネイツ ペチュニク
FW 14 西谷 和希
控え
GK 23 川田 修平
DF 5 尾本 敬
DF 29 川田 拳登
MF 2 西澤 代志也
MF 6 古波津 辰希
FW 20 藤沼 拓夢
FW 19 服部 康平

横山雄次監督

55分 廣瀬→川田拳
69分 牛之濱→服部
87分 和田→古波津

 

■広瀬健太

正直にいえば、嬉しさと悔しさがある

 

「優勝を狙っていたし、勝ちを最後まで狙っていましたけど、最低限の目標は達成できたと思います」

――試合終了のホイッスルを聞いたときはどういう心境でしたか。

「正直にいえば、嬉しさと悔しさがありました。自分自身、今日のプレーには悔いが残るものがあったので、それは来年以降にぶつけたいと思います」

(残り 1758文字/全文: 2345文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ