「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

フォルトゥナ・デュッセルドルフU-23(ドイツ) から完全移籍で獲得した三宅海斗「言い合える環境を作りたい」【インタビュー】(19.7.1)

1日、栃木SCはフォルトゥナ・デュッセルドルフU-23(ドイツ)から三宅海斗を完全移籍で獲得したと発表した。以下、クラブオフィシャルより引用する。

 

■プロフィール

【氏名】三宅 海斗(MIYAKE Kaito)

【背番号】31

【ポジション】MF

【生年月日】1997年8月27日(21歳)

【出生地】岡山県

【身長/体重】174cm/72kg

【経歴】

LASTA HERENCIA FC → 倉敷北中学校 → 東福岡高校 → 鹿屋体育大学 → フォルトゥナ・デュッセルドルフU-23(ドイツ)

(代表・選抜歴)

2016年:日本高校サッカー選抜、U-19全日本大学選抜、九州大学選抜

2017年:九州大学選抜

【コメント】

「栃木SCに関わる全ての皆さん、はじめまして!この度加入する事になりました三宅海斗です! シーズン途中からの加入ではありますが、この栃木でサッカーをするという事に一人のサッカー選手としてやりがいを感じ、そして自分の『Football』を表現する為に僕はココに来ました。田坂監督に対して最大限のリスペクトを持ち、栃木で過ごす一日一日を楽しみながら、この栃木SCの良いスパイスになればと思います! 勝つ為に!!闘いましょう!!」

(以上、引用終わり) 

▼渡独しドイツ語を習得、フォルトゥナ・デュッセルドルフU-23ではキャプテンに

東福岡高校では2015年度にインターハイと選手権で二冠を達成。右サイドアタッカーとして当時は「日本のロッベン(元オランダ代表)」と騒がれていた。その後進学した鹿屋体育大学は1年で退学し、渡独。当初は日本人として厳しい扱いを受けたが、ひたすらドイツ語を習得するなど2シーズンプレーしたフォルトゥナ・デュッセルドルフU-23ではキャプテンを任されるまでに至った。

(残り 3300文字/全文: 4033文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック