【サッカー人気1位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「我々に勇気を与えてくれることに感謝しています。今日の勝利もそういうものが最後に乗り移ったと思っています」【J2第39節アルビレックス新潟戦後のコメント】(19.11.3)

2019明治安田生命J2リーグ第39節

2019年11月3日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 6,873人
天候 晴れのち曇、無風
気温 18.9
湿度 75%
ピッチ 良芝、乾燥

栃木SC 2-1 アルビレックス新潟
(前半1-1、後半1-0)
得点者:18分 ユウリ(栃木)、23分 シルビーニョ(新潟)、90+3分 田代雅也(栃木)

<スターティングメンバー>

GK 23 川田 修平
DF 29 川田 拳登
DF 36 乾 大知
DF 30 田代 雅也
DF 45 瀬川 和樹
MF 37 浜下 瑛
MF 26 枝村 匠馬
MF 25 ユウリ
MF 21 大﨑 淳矢
FW 5 ヘニキ
FW 16 榊 翔太
控え
GK 35 浅沼 優瑠
DF 15 森下 怜哉
DF 27 久富 良輔
MF 10 西谷 和希
MF 11 平岡 翼
FW 9 大黒 将志
FW 47 キム ヒョン

田坂和昭監督

29分 大﨑→久富
73分 ヘニキ→キム
82分 榊→大黒

(撮影は永島一顕)

 

◆田坂和昭監督

「試合後のインタビューで言えなかったので、一樹さん、遥さん、ご結婚おめでとうございます。試合前から今までにない雰囲気を作っていただき、すごくいい空気が流れていたなと。そこで遥さんに『ぜひ勝ってください』と言われたので、彼・彼女の一生の思い出になる試合になればという気持ちでした。我々は背水の陣でした。今日もサポーターの後押しがありましたが、昨日の非公開練習でも我々を後押ししてくれたサポーターがいました。日頃練習場に来てくれるサポーターなどもそうですが、日頃から最後の最後まで我々に勇気を与えてくれることに感謝しています。今日の勝利もそういうものが最後に乗り移ったと思っています。なので残り3試合についても何としてもいい結果を出したいと思います。内容については特に守備については試合を重ねるごとにかなり構築されてきていると。新潟のいい部分は警戒していましたし、危なかったシーンは最後の最後にクロスからヘディングをされたシーンだけであって、あとはほぼ選手たちも把握しながら抑えたと思います。失点シーンは少しアクシデントがあったので、我々の守備ができなかったことは次への課題ですが、いい守備からいい攻撃に繋がっているところは選手が頑張っている証拠だと思います。ここ数試合はいい内容ながら最後のゴールを押し込めなかったと。そこで少しメンバーを変えて臨みました。その中で今日は最後の最後まで闘ってくれたし、みんなで押し込んだゴールだと思います。これから3試合、楽な試合はありません。ただ、我々の目標は残留することなので、次の大宮も強豪ですが、明日からまた大宮に対しての準備をしないといけないと思っています。最後までパワーを出し切っていい結果を出したいと思っています」

(残り 1753文字/全文: 2983文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ