【サッカー人気1位】【J1騒乱】FC東京から見る横浜F・マ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

この0対1は完敗か、惜敗か。【J2第18節 徳島ヴォルティス戦レビュー】(20.9.10)

2020明治安田生命J2リーグ第18節

2020年9月9日19時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 1,865人

栃木SC 0-1 徳島ヴォルティス

(前半0-0、後半0-1)
得点者:51分 小西雄大(徳島)

天候 晴れ
気温 26.6
湿度 85%
ピッチ 全面良芝

<スターティングメンバー>

GK 1 川田 修平
DF 4 髙杉 亮太
DF 30 田代 雅也
DF 6 瀬川 和樹
MF 15 溝渕 雄志
MF 25 佐藤 祥
MF 14 西谷 優希
MF 17 山本 廉
FW 19 大島 康樹
FW 8 明本 考浩
FW 18 森 俊貴
控え

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 23 柳 育崇
DF 33 黒﨑 隼人
MF 13 禹 相皓
FW 16 榊 翔太
FW 34 有馬 幸太郎
FW 29 矢野 貴章

69分 山本→有馬
69分 佐藤→禹
69分 大島→矢野
86分 西谷→黒﨑
90分 溝渕→柳

 

▼智将リカルド・ロドリゲスの策略

敵将リカルド・ロドリゲスにしてやられた感はある。

試合が始まると徳島のキーマン西谷和希が、いつもの左ワイドに張るのではなく、栃木の4バックの間に陣取り、さながら3トップのような立ち位置でそこから下がって来ようとしなかった。右サイドバックの溝渕は西谷和を監視下に置かなければならず、後ろにロックされる状態になっていた。

徳島が最終ラインでボールを持ったときの状態はといえば、徳島の4対2or5対2という数的優位。栃木のボランチの西谷優や佐藤は前へのプレッシャーに連動したいのだが、自分たちの背後にいる渡井の存在が気になり、不用意に前にいる相手ボランチにプレッシャーにいけない。そんな布陣になっていた。

西谷和希が言った。

「ビルドアップのときに栃木の4枚のディフェンスを前線3人でロックし、相手ボランチ2枚はマサ(渡井)がロックする。後ろは5対2で打開するという戦術がハマったと思います」

(残り 4873文字/全文: 5670文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック