【サッカー人気2位】岩尾憲が影響を受けた選手は遠藤保仁 読…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

柳育崇「こういう試合をいかに減らしていくのかは課題です。また来季、新たな栃木SCが始まりますが、細部を突き詰めていければと思っています」ほか黒﨑隼人【J2第42節 FC琉球戦後のコメント】(21.12.5)

2021明治安田生命J2リーグ第42節

2021年12月5日13時キックオフ カンセキスタジアムとちぎ

入場者数 5,676人

栃木SC 1-2 FC琉球

(前半0-0、後半1-2)

得点者:64分 柳育崇(栃木)、69分 清武功暉(琉球)、76分 赤嶺真吾(琉球)

天候 晴
気温 8.7℃
湿度 42
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 50 オビ パウエル オビンナ
DF 22 小野寺 健也
DF 5 柳 育崇
DF 36 乾 大知
MF 33 黒﨑 隼人
MF 23 植田 啓太
MF 25 佐藤 祥
MF 49 溝渕 雄志
FW 17 山本 廉
FW 29 矢野 貴章
FW 34 有馬 幸太郎
控えメンバー
GK 1 川田 修平
DF 26 面矢 行斗
MF 16 菊池 大介
MF 24 和田 達也
MF 37 上田 康太
FW 19 大島 康樹
FW 32 畑 潤基

61分 植田→大島
61分 山本→畑
78分 小野寺→上田
78分 有馬→菊池
86分 溝渕→面矢

 

■柳育崇

――勝利で今季を締められなかったことについて率直な思いを聞かせてください。

「前半は攻められる時間帯も長かったですがよく耐えていたし、ハーフタイムに『後半はチャンスが来るぞ』と共有しながら後半に向かっていきました。僕がゴールを決めたあと、少し緩んだところがあったかなと今振り返ると思います。それが2失点に繋がってしまったのだと思うし、悔しいですけど、こういう試合をいかに減らしていくのかは課題です。また来季、新たな栃木SCが始まりますが、細部を突き詰めていければと思っています」

――先制ゴールを振り返ってもらえますか?

(残り 1676文字/全文: 2355文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ