激しいマッチアップ勝負は必至。オリヴェイラ監督が送り出すメンバーに注目【Match Preview】[Jリーグ第11節]浦和レッズ vs 湘南ベルマーレ

2018.4.27

浦研REVIEW

2018Jリーグ第10節

柏レイソルvs浦和レッズ

新体制初戦は1点差敗戦
終盤のパワープレーも実らず

浦研PREVIEW

2018Jリーグ第11節

浦和レッズvs湘南ベルマーレ

激しいマッチアップ勝負は必至
オリヴェイラ監督が送り出すメンバーに注目

浦研MOVIE

浦研+MOVIE FUKUDA’EYE 2017 第30回ー2017シーズン浦和レッズ・総評・ACL編

2017.12.5

福田正博さんが、浦和レッズのゲームの中からキーポイントになったシーンを切り取り、ボードを駆使して詳細解説、またはチームの現状を詳細に分析する連載企画、浦研+MOVIE。 第30回となる今回は2017シーズンの浦和レッズのAFCアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)での戦いについての総評を福田正博 [...]

コラム

[沖縄キャンプを経て]堀監督率いる2018版浦和レッズの狙いを考察−Part.4『選手起用』

2018.2.21

レギュラー候補は?  本稿では今季の浦和の幹を形成する選手たち、堀孝史監督が主軸と捉える選手たちと、その起用法、個々の役割などについて記したいと思う。まずGKは昨年に引き続き西川周作が絶対的な守護神として鎮座し、榎本哲也、福島春樹、岩舘直がそれを下支えする。西川の特長は周知の通り、正確無比なフ [...]

コラム

[沖縄キャンプを経て]堀監督率いる2018版浦和レッズの狙いを考察−Part.3『伸縮』

2018.2.19

カサブランカ戦に鍵が……  堀孝史監督が用いるシステムは今季も『4-1-2-3』。それは4バック、アンカー、インサイドハーフ、3トップの各ユニットから成り立っていることは前回の項で記した。昨季まで『4-1-4-1』と記していたものを『4-1-2-3』としたのはチーム側の思惑がはらんだもので、前 [...]

コラム

[沖縄キャンプを経て]堀監督率いる2018版浦和レッズの狙いを考察−Part.2『4-1-2-3』

2018.2.17

  システムの意味  現代サッカーでは攻撃、守備、そしてトランジションと称される攻守の合間と、ピッチ上で目まぐるしく戦況が移り変わる。その中で、チームを指揮する監督はあらゆるシチュエーションを想定して戦術、戦略を構築し、選手たちはそのベースに沿ってプレー判断する。そのため、ピッチ上に表出する各選 [...]

コラム

[沖縄キャンプを経て]堀監督率いる2018版浦和レッズの狙いを考察−Part.1『正対パスワーク』

2018.2.14

  前体制にはなかった練習メニュー  浦和レッズの沖縄キャンプは1月14日から28日までの15日間の一次、1月31日から11日までの12日間までの二次に分けられて実施された。今季は約5年半続いたミハイロ・ペトロヴィッチ監督体制を引き継いだ堀孝史監督が初めて強化キャンプを張る年で、いわゆる新体制で [...]

日々雑感

【無料掲載】日々雑感−柏木陽介『キャプテンという名の光』

2018.2.12

力を蓄える  柏木陽介が仲間から離れて調整している。沖縄でのキャンプはシーズンを戦い抜くための体力を身に付ける大命題がある。その中で、彼は身体に違和感を覚えて別メニュー調整を強いられていた。チームトレーナーに股関節付近や腰の辺りを触診してもらいながら、それでも身体を動かし続けることで着実に [...]

激しいマッチアップ勝負は必至。オリヴェイラ監督が送り出すメンバーに注目【Match Preview】[Jリーグ第11節]浦和レッズ vs 湘南ベルマーレ

2018.4.27

[...]

『浦研クロストーク−福田正博×島崎英純』第2回「堀孝史監督体制の終焉と、見据えるべき未来」

2018.4.3

浦研プラスの主宰者である島崎英純と福田正博が、浦和レッズのチーム状況、選手たちのプレー、戦術分析、未来への指針など、多岐に渡る話題をリアルタイムで論じ合う『浦研クロストーク−福田正博×島崎英純』。その第2回は4月2日に発表された堀孝史監督、天野賢一コーチとの契約解除について。大槻毅暫定監督、上野優作 [...]

最新記事