J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

【コラム】清水戦で見られたポジティブな面。浦和が示した“重要だったこと”

 

3-4-2-1の効能を生かすには…

 前節の清水エスパルス戦。浦和レッズにはポジティブな面が見られた。

 4-2-3-1を採用する相手とのミスマッチゲーム。この対戦の肝は相手が生み出す局面ギャップを如何に突くかにあった。浦和が採用する3-4-2-1の特長はワイドアタックで、左右に張り出すサイドアタッカーが1対1で勝負できる局面を生み出すのが第一の狙い。ただし、後方から単純にサイドエリアへパスを通しても、相手は4バックと4人で形成するMFラインが左右にスライドすることで対応してしまう。相手のスライドディフェンスを遅延させる有効な手段、それは一旦中央エリアで攻撃を組み立てることにあった。

(残り 1915文字/全文: 2207文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »