【サッカー人気4位】オビ・パウエル・オビンナが横浜F・マリ…

思惑通りの展開。究極リアクションで結果を得る【島崎英純】2020Jリーグ第18節/清水エスパルス戦レビュー

キャノンシュート炸裂

 前節の川崎フロンターレ戦から中2日でのアウェー戦となった浦和レッズは5人の選手を入れ替えた。トーマス・デンがベンチからも外れ、右サイドバックには3試合ぶりに橋岡大樹がスタメンに復帰。セントラルミッドフィルダーの陣容も柴戸海は連続先発したが、もうひとりはエヴェルトンに代わって長澤和輝が同ポジションを務めた。また両サイドMFは右に武藤雄樹、左に汰木康也で、こちらも柏木陽介と関根貴大のセットから刷新。そして2トップは連続先発のレオナルドと、杉本健勇に代わって2戦ぶりに興梠慎三がスターティングメンバーに名を連ねた。

 一方の清水エスパルスは中3日でのホーム戦で4人のメンバーを変更した。注目は10試合ぶりに先発した右サイドアタッカーのエウシーニョで、このエリアからの攻撃構築は警戒が必要だった。また清水は3戦連続で3バックを採用し、そのシステムは3-3-2-2の形。バックラインで目を引いたのは前節出場停止だった立田悠悟が本来のリベロではなく左ストッパーに入り、バックライン中央にへナト・アウグストが配備された点だ。へナト・アウグストは対人が強いうえにスピードも有するため、主に浦和2トップの裏抜けをケアしたかったのかもしれない。

(残り 4031文字/全文: 4553文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »
日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック