【サッカー人気3位】J2第13節栃木SC戦「ハイプレスを攻…

未だ続くゴール欠乏。不用意なセットプレー失点で敗戦【島崎英純】2021YBCルヴァンカップ・グループステージ第2節/柏レイソル戦レビュー

©URAWA REDS

チームコンセプトは固まるも…

 ビルドアップはスムーズになっている。敵陣アタッキングサード手前までは確実にボールを運べていて、ポゼッション率で相手を上回ることができている。今回は負傷から復帰したFW興梠慎三、DF西大伍といった選手たちが先発し、他にもMF伊藤涼太郎、MF柴戸海らが先発の機会を得て、リカルド・ロドリゲス監督が掲げるチームスタイルはしっかりと保たれていた。

 パスワークの際の近接の概念は良い意味で前回の川崎フロンターレ戦に比べて距離が離れていた。柏レイソルのプレスワークが緩かった印象もあるが、距離が広がっても正確なパスを通せれば相手陣形を揺さぶる効力は高まる。今回の浦和はワイドアタックも狙っていて、4-2-3-1の柏が実行するスライドディフェンスの隙を突くプレーイメージも共有されていたように思う。

(残り 3798文字/全文: 4231文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »