【サッカー人気4位】【山雅探報】[元悦対談]北九州戦の勝利…

点差以上の力量差を示して勝利。今の浦和に波乱は起きない【島崎英純】2021天皇杯2回戦/カターレ富山戦レビュー

©URAWA REDS

ユンカーと小泉が先発

 浦和レッズはYBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第1戦を欠場したFWキャスパー・ユンカーとMF小泉佳穂が揃って先発メンバーに入った。ふたりはユンカーが最前線、小泉がその後方の縦関係を築いたが、小泉はいつものように自陣深くまでポジションを移して積極的にビルドアップに参加するため、このふたりとの距離は若干離れた。

 その他のポジションは通常通りで、センターバックのトーマス・デンと岩波拓也がビルドアップ起点になり、サイドバックの西大伍と山中亮輔はできるだけ敵陣深くにポジションを取る。問題が生じるとすればダブルボランチを形成した阿部勇樹と金子大毅が如何に敵陣付近でプレーし続けられるかだが、カターレ富山は浦和の両センターバックに対して2トップの大野耀平と吉平翼しかプレッシャーを掛けてこなかったことに加えてその強度もさほど高くなかったため、浦和は後方を2対2の数的同数にしてダブルボランチが果敢に前方でプレーする姿勢を醸した。

(残り 4052文字/全文: 4552文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »