【サッカー人気5位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

日々雑感【島崎英純】―『ホームタウン』について。僕自身の思い

©Takehiko Noguchi

ホームタウンへの憧憬

 10月17日の一部報道で、Jリーグ(公益社団法人 日本プロサッカーリーグ)が『事実上のホームタウン制度撤廃』を検討していると伝えられました。しかし、その後、Jリーグの村井満チェアマンが、『一部報道機関において、Jリーグがホームタウン制度を撤廃するとの表現を用いた報道がありました』として、以下のような声明を発表しました。

『JリーグではJクラブの本拠地を「ホームタウン」と呼び、Jクラブはホームタウンと定めた地域で、その地域社会と一体となったクラブづくりを行いながらサッカーの普及、振興に努めなければならないと定めています。

 このホームタウン制度について撤廃・変更の事実は一切なく、今後、Jクラブの営業、プロモーション、イベント等のマーケティング活動における活動エリアに関する考え方の方向性について議論しているものです。Jリーグが創設当初から掲げている地域密着の思想が揺らぐものでは全くありません」

 『ホームタウン制度についての撤廃、変更の事実は一切無し』。ただし、『Jクラブの営業プロモーション、イベント等のマーケティング活動における活動エリアの考え方の方向性について議論している』。これが、今回、村井チェアマンが示したJリーグの今後の方向性だと認識しました。

 日本という社会の置かれている現況、コロナ禍以降の暮らし、プロスポーツの未来など、様々なファクターから論じなければならないこの問題ですが、ひとまずJリーグから『ホームタウン制度』の撤廃、変更が無いことがアナウンスされました。それを踏まえて、ここからは僕自身が今感じている、サッカーというスポーツにおける『ホームタウン』の概念、そしてその思いをお話させていただきます。

(残り 3590文字/全文: 4393文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »