【サッカー人気4位】「夏のような暑さの中、一切妥協なし。1…

浦レポ by 浦和フットボール通信

URAWA TOWN MEETING第7回「2013シーズンを振り返って」(1)

URAWA TOWN MEETING 007
浦和レッズ×浦和フットボール通信 第7回「2013シーズンを振り返って」(1)

■ゲスト:橋本光夫代表、松本浩明(広報部長)
■司会:椛沢佑一(浦和フットボール通信)、豊田充穂
■ 日時:12月25日(水)
■場所:酒蔵力 浦和本店

ファン・サポーターはじめ、浦和の街と共に浦和レッズをしっかりとサポート出来るように、クラブ側とお互いの意見交換が出来る場を設け、しっかりとしたコミュニケーションを図りながら、クラブとファン・サポーター、浦和の街の方々が三位一体となれるようにと開催されている「URAWA TOWN MEETING」。「2013シーズンの浦和レッズを振返って」をテーマに開催された第7回の模様をリポートする。

IMG_1668

2013シーズンの総括について

椛沢:年末のお忙しい中にお集まり頂き、ありがとうございます。開会の前に、浦和レッズ橋本代表から一言ご挨拶を頂きます。

橋本代表:ホームタウンのタウンミーティングが7回にもわたって開催され、私も4回参加させて頂いていること、ありがたく感じております。日ごろから浦和レッズにご声援を賜り、この場を借りて御礼申し上げます。チームは早いシーズンオフを迎えてしまい、リーグ最終戦の翌日の12月8日が解散式。いまは2014年1月15日からのチーム始動を考えている最中です。始動からすぐ17日から27日まで、宮崎での1次キャンプを行い、2月2日には浦和駒場スタジアムでレッズフェスタ開催を企画しております。その際に、来シーズンの陣容についても、明確にご案内できると思いますので、楽しみにして頂ければと思います。

椛沢:まず橋本代表、野田選手の名前は?(笑)

橋本代表:野田紘史君ですね。その件につき最終戦の後に、挨拶で彼だけフルネームで呼ばなかったことで色々と話を頂いたのですが(苦笑)山田選手と永田選手は同じ名前の選手がいるので、フルネームで呼んだということです。

椛沢:状況、理解しております。場を和らげるための質問でした。さて、まずは浦和レッズトップチームの2013シーズンについて振返りたいと思います。2013シーズンは、17勝7分10敗(15勝10分9敗) 勝ち点58、6位、66得点56失点という結果でした。昨季と比べても失点が増えた印象があります。シーズン終盤まで優勝争いを演じましたが、終盤の試合で3連敗と失速して6位に終わった形となりました。その今シーズンについて、クラブとしての総括、また今シーズンの課題についてはどのように考えているかをお聞かせ願えますでしょうか。

(残り 4357文字/全文: 5423文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック