【サッカー人気4位】8日からトップチームが活動休止に。主将…

浦レポ by 浦和フットボール通信

【河合貴子の試合レビュー】手も足も出ないほどの完敗。柏木「逆に気持ちが良い!」2015Jリーグ2ndステージ第9節vs横浜F・マリノス<柏木、興梠、西川、武藤、那須、青木、関根、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/8/30)

今日のポイント!

横浜FMに0-4と手も足も出ないほどの完敗であった。柏木陽介選手は試合後に「逆に気持ちが良い!嵌らなかった。何も・・・。フォーメーションを変えて後半、工夫してやって良かったけど、そこから点も入らずセットプレーとカウンターでピンチになってしまった。後半、前目のポジションで気持ちも乗って、個人的にはプレーの質も悪く無かったと思うけど、どうしようも無かった。誰が悪いとかじゃない。今日は、みんなが悪かった。ブロックを嵌められて厳しかったし、ゆっくり攻撃する部分とサイドを上手く使う部分をもっと有効的に使えればよかった。相手の思うツボだった。相手の戦略に対して、そのまま終わった」と悔しいが負けを潔く受け止めていた。

本当に横浜FMは、攻守に渡り素晴らしかった。特に、中村俊輔選手がトップ下で存在感を見せ付けていた。横浜FMはリードしてからの守備ブロックもしっかりしてことごとく浦和のクロスを跳ね返していた。後半、興梠選手とズラタン選手のツートップで挑んだが、3失点目でミシャ監督は「今日の出来では、このままリスクを負って攻撃しても4、5失点する」と青木拓矢選手を入れて元のシステムへと戻した。

浦和も崩そうと工夫は見られたが、ペナルティーエリアの中で横浜FMのDF陣が嫌がるドリブルの仕掛けからのシュートなどがあっても良かったのではないかと思ってしまう。しかし、そのスペースすら横浜FMのDF陣は与えなかったのだろう。終了間際に高木俊幸選手を投入したが、もう少し早い時間に起用して欲しかった。

浦和をそこまで苦しめたチームは、今シーズン今までいなかった。2013年7月13日川崎戦以来となる0-4の完封負けとなった。リーグ戦はワールドカップ予選のために中断となり、来週からナビスコカップがスタートする。西川周作選手、興梠慎三選手、槙野智章選手、ズラタン選手は不在となるが、チームの立て直しを図る良い機会にしていきたい。

(残り 3101文字/全文: 3913文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック