【サッカーパック人気4位】 【J1第19節分析レポート】川崎フロンターレはなぜFC東京の中央を攻略…

浦レポ by 浦和フットボール通信

李忠成が語る、見たことないコンビーネーションプレーとは?【選手ミニコラム】

(Report by 河合貴子)

スタメンから外れたきっかけとなった神戸戦のリベンジを果たす

代表ウィークで中断となったJリーグが、間もなく再開する。大原の桜も季節の移り変わりと一緒に花が咲き出した。再開の神戸戦に向けて、チームは心身ともにリフレッシュしてしっかりと準備をしている。

ミニゲームでの選手たちの動きは、攻守に渡り素早く、球際に激しく、切れのある動きをしていた。その中でも特に動きが良かったのは、李忠成選手であった。

ゴールに対して貪欲に動き、攻守の切り替えも抜群だった。そして見事にハットトリックを決めて、好調さをアピールしていた1点目は、左バイタルエリアからの興梠慎三選手のクロスを、ファーサイドでしっかりと合わせてヘディングシュート。

2点目は、DFの間を身体を使ってすり抜けてゴール前に飛び出した槙野智章選手がシュートを撃つと見せかけてだしたグランダーのクロスを冷静にゴールへと叩き込んだ。

3点目は、榎本哲也選手の後方からの攻撃の組み立てを見逃さずに、インターセプトしてあっさりと決めた。3点とも、実に抜け目なくゴールに対する嗅覚が研ぎ澄まされていた。

李選手は「まぁ、まあ、いつも通りやっているだけ」と照れ笑いしながら「コンディションは良いんでね。試合にだしてもらえるのであれば、点に絡む仕事がしたい」と意気込んだ。

(残り 797文字/全文: 1358文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック