『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

浦レポ by 浦和フットボール通信

危機感を募らせ、闘争心剥き出しのプレーで警告をもらった高木俊幸の真意とは

(Report by 河合貴子)

自分の置かれている立場を意識

強風が吹き荒れる中、明治大学体育会サッカー部と35分ハーフの練習試合が行われた。

練習試合後、左サイドハーフで前半だけ出場した高木俊幸選手は、本当に険しい表情を浮かべていたのだ。

高木選手は「崩せたわけでも、自分が大きなミスをしたわけでもない」と憮然とした表情で話し出した。

(残り 1244文字/全文: 1407文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ