浦レポ by 浦和フットボール通信

伊藤涼太郎、斎藤翔太が水戸で得た経験とは【水戸番記者の佐藤拓也が語る】


(取材・文)佐藤拓也(デイリー・ホーリーホック)

移籍で感じた違う形での悔しさ

今季、浦和から水戸に育成型期限付きで加入したのは斎藤翔太と伊藤涼太郎の2人だった。若く、将来性のある2人だが、ともに不完全燃焼のシーズンだったと言っていい。

ただ、その中でも次の一歩を踏み出したのは伊藤であった。プロ2年目の伊藤はシーズン途中まで浦和に在籍していたものの、ルヴァンカップの敗退が決まり、公式戦の出場機会がなくなると危機感を抱いた伊藤は移籍を決断。水戸が名乗りを上げたことによって、9月に加入が決まった。

シーズン終了までわずか3か月という短期間ながらも「たくさん点を取って活躍をする」(伊藤)青写真だけを描いて、水戸にやってきたのだった。しかし、19歳の若者を待ち受けていたのは、プロの厳しさであった。加入直後の試合では天才的なボールタッチを駆使して、途中交代で流れを変える役割を果たしたが、その後は相手に研究され、さらに劣勢を強いられるゲーム展開が続いたため、持ち味を発揮できなくなり、出場できない試合も増えていった。

(残り 1574文字/全文: 2028文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ