【サッカー人気2位】J1リーグ第3節:輝きの神セブン

浦レポ by 浦和フットボール通信

淵田代表が堀監督の解任にあたっての経緯と決断の理由を説明


(Report by 河合貴子)

磐田戦後に幹部で集まり決断した

昨シーズン、ペトロヴィッチ監督体制を引き継ぐ形でスタートした堀監督体制であったが、遂に終焉を迎えることになってしまった。

今シーズン、リーグ戦を2分け3敗と下位に沈み浮上のきっかけがつかめない。そこで、堀監督を解任し、ユースの監督である大槻監督を暫定ではあるが、トップチームを任せる英断を下した。

淵田代表は「昨日の試合が終わり、中断期にも申し上げたが、我々は『堀監督を支えて前に進んで行こう』と話をしていて、その気持ちも昨日の帰りにも申し上げた。それは変わらなかったが、やはり状況が厳しいのは間違いなくて、5戦をやって2分け3敗。もう一度、クラブの中で議論をしないといけないと、昨日、浦和に帰ってからクラブの主立った幹部を集めて、かなり深夜まで議論をした。

(残り 677文字/全文: 1033文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック