浦レポ by 浦和フットボール通信

なぜ今、浦和の理念を掲げたのか?これからの25年で目指すべき姿とは

(Report by 河合貴子)

2年かけて見直した浦和の理念

浦和の名の下に掲げられた理念。クラブ創設25年を向かえて活動理念などを新たに見直し、整理して「浦和レッズ理念」として策定することになった。これは、浦和レッズの存在意義を記したものであった。

淵田代表は「浦和レッズとしての理念を改めてまとめて、皆様にご呈示できるようになった。なぜ、今頃になって理念なのか・・・。私が、ここに来てから1人、1人のスタッフの仕事の素晴らしさ、遂行能力を感嘆していた。だが、同じような方向を向いていながらもちょっと違う方向を向いている。92年に作られた活動理念に、本当に自分たちの仕事がいくように考えているのか疑念をもった」と険しい表情を浮かべ、かつてアメリカ勤務での経験などから理念に基づき統一意識の重要性や立ち返る支えを感じていたのだ。

「今あるものをベースにして、過去を振り返りながら、もう一度我々のもっている資源を再整理して、言葉にまとめて浸透させることが必要だ」と2年間かけて新たに見直して浦和の理念を作りあげた。

(残り 994文字/全文: 1445文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ