浦レポ by 浦和フットボール通信

ワールドカップ日本代表メンバー選考を目前とした遠藤航がボランチ出場で魅せたもの【ルヴァンカップ第6節広島戦】


(Report by 河合貴子)

ルヴァンカッププレーオフ進出が決定

YBCルヴァンカップ、引き分け以上でグループステージ突破が決まる浦和、勝利しか生き残る道がない広島。

週末に開催されるリーグ戦を考慮しながら、オリヴェイラ監督が選出したスターティングイレブンは、ここまでYBCルヴァンカップでゴールを死守してきたGKは福島春樹選手から西川周作選手に。連戦ではあるが槙野智章選手、遠藤航選手、長澤和輝選手を起用し、ベンチには興梠慎三選手や武藤雄樹選手、青木拓矢選手たちを置いた手堅いものであった。

一方の広島の城福監督は、破壊力を誇り、リーグ戦でも好調なパトリック選手をベンチ入りさせて、後半に勝負をかける狙いをもって挑んできた。

前半は、お互いに良い守備をみせてなかなかゴールに直結する動きが見られない中で、広島のショートカウンターから脅威にさらされるシーンもあった。浦和としたらフラストレーションが溜まるような展開となり、0-0で折り返し勝負は後半へ。

後半に勝負を目論んでいた城福監督は、後半の頭からパトリック選手を投入し先制点を狙ってきたのだ。パトリック選手の強烈なシュートに恐怖を感じながらも、浦和も勝負にこだわりアグレッシブにゴールを狙っていった。

そして、68分に阿部勇樹選手のシュートが相手のハンドを誘いPKを獲得。キッカーを志願した李忠成のPKは止められてしまいビッグチャンスを逃すことになってしまった。だが、李選手は「PKを外してしまい男が廃る!」とマルティノス選手の前プレスからセカンドディフェンスでボールを奪い一気にゴールへと向かって、見事に先制点を叩きだしたのだ。

浦和は、しっかりと虎の子の1点を守り切り、YBCルヴァンカップ・グループステージ1位通過を決めた。そして、6月2日にプレーオフ第1戦をアウェイで甲府と闘うことになった。

遠藤はボランチ起用での手応えも

(残り 1616文字/全文: 2401文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ