浦レポ by 浦和フットボール通信

榎本哲也が大先輩 川口能活の引退を語る【こぼれ話】


(Report by 河合貴子)

マリノス時代に結ばれた2人の絆

日本サッカー界を牽引してきた川口能活選手が、J3のSC相模原で今シーズンを最後に現役を退くこと発表した。

「能活さんには、めちゃくちゃお世話になった」と感謝の思いを口にしたのは、榎本哲也選手であった。そして「僕にとっては、憧れの存在」と榎本選手は、ハッキリと言った。

横浜FMの守護神として活躍していた川口選手に、横浜FMの下部組織にいた榎本選手は当時から目をかけてもらっていたのだ。

「僕がマリノスのユースで、ちょうどイングランドのポーツマスにいく時に『自分とプレースタイルが似ている』って言われて、パーソナルトレーナーを『この人と一緒にやれ』って能活さんが紹介してくれたり、当時に能活さんが使っていたメーカーに『こいつ良いから』って、繋いでくれたりした。

(残り 767文字/全文: 1122文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ